鉄路のシリーズ名言クイズ


滝川「貴方が信じなかった田舎の力と、都心部で鍛えた都会の力を、今こそ○○して思い知らせて差し上げます!」


岩倉「どうされました!僕の知っている○○のお力はこんなものではないはずです!」


山岸「黙れ黙れ!手に入れたいものは○○のが僕のやり方だ!」


小柏「落ち着け、こういう時こそ○○が必要だ。」


井上「気になさらないでください。レースだから必ず何処かに○○もあります。」


千波「○○は散る。そして散りゆく者こそ麗しい。」


今村「しかもこの状態では○○が酷くて集中が出来ない。強引な走りが完全に裏目に出た。」


溝端「私はずっと○○の中で生きている。そこで育てた実力を、見せつけて差し上げます!」


梅田「まだ○○ではない。おのれに課す目標は高ければ高いほどいい。」


望月「望月碧の京阪最速○○は永遠に不滅です!」


渋谷「車両の○○を引き出すことはメンバーの中では上手い方だ。早めに決めに行くとしますか。」


松下「ここで抜き去ったら、全く面白くないですし、残ったページが○○になってしまう恐れがあります。」


笹木「この世界には○○なんて言葉は全く存在しないんです。派手に走って行きましょう!」


一宮「さあ!私のスペーシアよ、久しぶりの○○だ!」


二宮「車両が消えても○○は消えることはありません。列車の前照灯は常に白いのです。」


三宮「東武ダイコンズは、「○○の走り屋集団」ですから、無礼てかかると痛い目にあいますよ!」


金子「その発言、○○ですね。現実世界の京阪最速を誇る望月さんを抜ける訳がありません。」


北田「全ての○○は貴方の行動にかかっているのですよ!」


八木「面白い!!南海ブリッツの○○を見せて差し上げましょう!」


村松「この時間ほど○○ものはないですね。この時間になればもう線路は私達のものだ!」


ほげほげ